日々これ実践! 地域再生@北海道
北海道のまちづくりに関する情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスターミナルが消えてゆく
昨年の赤平ターミナルに続き、2009年3月31日で、中央バス・砂川バスターミナルが廃止されました。かつて空知には、芦別・美唄・三笠・栗山・長沼…とあったバスターミナルが、すでに過去帳入りしてしまっています。空知に向けて、赤白のバスが国道12号を爆走していた頃、大賑わいだった江別ターミナルもすでにありません。
1970年代以降の交通手段の変化の中で、とりわけバス事業は崩壊寸前とも言える低落ぶりで、バスターミナルはほとんどその機能を失っていただけに、今まで残っていたことが不思議だったのかもしれません。交通手段の変化は、交通事業に影響を及ぼしただけではなく、街の中心の空洞化にも拍車をかけました。その意味で、バスターミナルは、二重の苦境の中でフェードアウトしつつあります。
バスターミナルで、おばあちゃんがチョコンとベンチに腰掛けてバスを待つ姿からは、その人の人生と街の歩みを感じることができ、私の好きな情景であっただけに、地域の「ほっとステーション」が消えてしまうことに寂しさを感じざるを得ません。
在りし日のバスターミナルの姿を、手許にあった画像で振り返ってみたいと思います。

砂川ターミナル1 中央バス砂川ターミナル待合室
砂川ターミナル2 往時の発着本数の多さを感じさせるホーム

赤平ターミナル1 中央バス赤平ターミナル
赤平ターミナル2 最後まで残っていたラッチ(改札)の跡

三笠ターミナル1 中央バス三笠ターミナル

そんな中で、今でも往年の雰囲気を保っているバスターミナルが、羽幌町の沿岸バス本社ターミナルです。涙がでるくらい伝統的なバスターミナルで、その雰囲気を味わうために沿岸バスに乗って出かけてみるのもオススメです。
羽幌本社ターミナル 羽幌本社ターミナル2



スポンサーサイト

テーマ:札幌/北海道の地域ネタ - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々これ実践! 地域再生@北海道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。