日々これ実践! 地域再生@北海道
北海道のまちづくりに関する情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ルワンダ中央銀行総裁日記』
大学時代に読んで肝銘を受けた1冊。政策の目標と手段を考える上で、含蓄のある一言が、今日的な意味を持っています。
絶版になってしまったのは惜しいのですが、古書店で比較的手に入れやすいのがせめてもの救いです。
  ○服部正也『ルワンダ中央銀行総裁日記』中公新書290、1972年
【書籍】ルワンダ中央銀行総裁日記

[『ルワンダ中央銀行総裁日記』]の続きを読む
スポンサーサイト
炭鉱遺産サミット@夕張を開催
11月5日に、夕張市のホテルシューパロで「炭鉱遺産サミット in 夕張2005」を開催しました。

●国際円卓会議
空知管内8市町の首長とドイツ・ルール地域から招いたブロックハウス博士とで、炭鉱遺産を手がかりにした地域振興について、札幌学院大大学院の太田教授のコーディネートによって意見を交わしました。市民・行政職員・学生など250名が、議論の内容を見守りました。
[参加首長]
 市長=夕張、岩見沢、美唄、芦別、赤平、三笠
 助役=歌志内、上砂川
国際円卓会議


●大学生による計画コンペ発表
夕張市清水沢~南部地区をモデルフィールドにした、札幌圏5大学の学生による計画コンペの成果が発表されました。参加者の投票の結果、札幌学院大学大学院地域社会マネジメント研究科が最優秀作となりました。
 [参加大学]北海道大、札幌国際大、札幌学院大(優秀)
       酪農学園大、札幌市立高専(次点)

●ワークショップ
国際円卓会議を傍聴した130名で、炭鉱遺産を手がかりにした今後の展開について、ワークショップ形式で話し合いました。
ワークショップ
copyright © 2005 日々これ実践! 地域再生@北海道 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。